恋愛

電話で告白された時の本音を大公開!成功率を上げる方法も解説

あなたは電話で告白されたことはありますか?電話での告白は、憧れる人とそうでない人に分かれる傾向があることをご存知でしょうか?今電話で告白をしようと思っている人は、電話で告白された人の本音を知りたくて仕方がないのでは?電話での告白の本音と、電話で告白したときの成功率を上げる方法を大公開します。

電話で告白されたときの本音を大公開!

電話で告白しようとしても、相手がどう思うのか気になってなかなか踏み切れないなんてことはありませんか?電話で告白されたときの本音はどのようなのか、男女問わず筆者が耳にする本音をご紹介します。あなたが告白しようとしている相手が電話で告白していい相手なのか見極めてみましょう。

電話で言うくらいなら…直接言ってほしかった

女性に多い意見がこの意見。電話で告白してくる男なんて度胸がなくて情けない…と思ってしまうケースがあります。このケースは、次のような人に多いのであなたの意中の相手に当てはまるか、しっかり確認してみましょう。

・恋愛ドラマをよく見ていて憧れが強い

・気持ちが強い(男勝りなところがある)

・大切なことは直接伝えるべきと思っている

これらに当てはまる場合は、電話での告白は避けた方がいいかもしれません。3つめにある「大切なことは直接伝えるべき」と思っているのは、男性が思っている場合もあります。

筋をしっかり通したいと思っている相手の場合は、電話で告白すると逆効果になる可能性があるかもしれませんよ。

直接は恥ずかしい…電話の告白がいい!

直接告白してもらいたいけれど、やっぱり面と向かっては恥ずかしい…と思っている場合は、電話で告白が効果的です。面と向かって好きな人から告白されたのに、恥ずかしくて断ってしまったなんて経験がある人もいるのでは?筆者の友人がまだ中学生だった頃に、好きな人に告白されたのに恥ずかしくて断ってしまった人がいます。

なんとその人は他の人と付き合うことになって、そのまま結婚したなんて話もあります。

大人になるとそこまで恥ずかしさを感じなくなる人も多いですが、中学生や高校生にはこのパターンが多いです。もし気になっている人が恥ずかしがりやの場合は、電話での告白がいいかもしれません。

考える時間をもらいやすくて追い込まれない

告白されるタイミングって、今すぐ付き合ってもいいくらい気持ちが盛り上がっている場合と、もう少し時間が欲しい場合があることも。もう少し時間が欲しい場合って、

・仕事や勉強で忙しい

・まだ気持ちが100パーセントではない

・今すぐ返事をしないことで冷静に考えたい

このようなケースが多いのではないでしょうか?特に忙しい時に告白されると「ちょっとまだ待って」と思う人もいるので、意中の相手の状況を把握しておくことも大切です。

直接告白されると今すぐに返事をしないと気まずい雰囲気になるからと、返事を焦って失敗してしまうケースがありますが、電話で告白することで、相手に考える心の余裕を持たせることができるので電話での告白が有効な場合言えます。

考えている時間は告白の成功率を下げる!?

気持ちが100パーセントではないときに告白して、「考えさせて」と言われた場合、考えている期間にいろいろな人に相談して結局振られてしまうのでは?と思う人もいるようです。確かに考えてやっぱり…と思うことはあるかもしれませんが、本当にダメな場合はその場で振ってしまっていることがほとんど。

つまり、考えている期間で告白の成功率が下がるのかというと、それは必ず下がるとは言えません。もし周りに言われて気持ちが変わってしまうくらいなら、もし付き合えたとしてもあなたとの関係は長続きするものではありません。

事前に電話してくるまでのドキドキがよかった

これは筆者の経験のお話。中学校の時にある異性から「今日の夜電話してもいい?」と聞かれたのです。普段そのようなことを言ってこない人でしたので、「これは告白かも…」と思った経験があります。夜に電話がかかってくるとやはり告白でした。好意を持っていた人でしたので、その場でOKの返事をしましたが、電話がかかってくるまでの時間、部活にも塾にも身が入らなかったですね。

ですが、そのドキドキ感は大人になるにつれてなくなってしまったので、いい思い出として心に残っています。確かに直接告白されるのもいいですが、電話待ちの間の「何の電話なんだろう?」と考えている時間は、意中の人のことしか考えていません。かえって意中の人のことを意識させることで告白の成功率を上げることができる方法なのかもしれませんよ。

電話での告白の成功率を上げる方法を徹底解説!

電話で告白されるパターンの中には、電話でもいいと思っている人とそうでない人がいることが分かりましたね。だからと言って電話で告白するのは必ず断られてしまうということはありません。電話で告白する際のポイントやコツをしっかり抑えることで、電話での告白の成功率を上げることができることが多いですよ。

いきなり電話をせずにアポイントを取る

学生さんでも習い事をしていたり、親がいるから電話に出られないなど意外と縛りが多いもの。突然電話をしてしまうと親がいる場で告白のOKが出せなかったりもします。

社会人でも月末が忙しい、大型連休で連勤になっていて疲れているなど、電話どころではないケースも少なくありません。そこで大切なのが電話をしていいかアポイントを取っておくこと。

先ほど筆者の体験談の中に異性から電話のアポイントがあったことをお伝えしましたね。相手のことを考える時間が成功率を上げるだけでなく、相手の都合のいい時間帯に電話ができるので落ち着いて話をすることができます。告白するとき、バタバタしている中で言われても心に響きませんよね?

電話をしていいかのアポイント方法はこのように言ってみるといいですよ。

・今日用事があるから電話してもいい?

・宿題で聞きたいところがあるんだけど…(相手に用事があることを思わせる)

・電話で話したいことがあるんだけど?

このように用事を思わせる言い方と、ストレートに言う方法があります。普段話している言い方がどれに当てはまるのかを考えて、言い方を選んでみるのがおすすめです。

電話が苦手なタイプではないことを確認する

普段何気なく話している人でも、電話になると何を話していいのか分からなくなってしまう人もいます。筆者が昔気になっていた人もこのタイプでした。面と向かっては楽しく話せますし、遊びに行く仲でもありました。ところが「電話したいんだけどいつが空いてる?」と聞くと明らかに表情が曇ったのです。

どうしたのか気になって聞いてみたら、「電話になると何を話していいか分からない。間が空いてしまうのが苦手」と言われたことがあります。電話で間が空いたときにどうしていいのか分からなくなっているんですね。このタイプの人は告白で間が空いてしまうことで断って早く電話を切ろうとしてしまうかもしれません。

もし電話が苦手な人に告白するのであれば、電話ではなく直接告白した方が成功率は高くなるともいえそうですね。

普段から電話で話す機会を作っておく

いつもLINEや直接話すだけの人だったのに、急に電話していい?と言われても戸惑ってしまうこともあります。「この人のこと好きかも」と思ったタイミングで、電話で話す時間を作っていきましょう。

普段から電話をしているとお互いに電話で話すことに抵抗がなくなっていくので、告白の時に電話で気持ちを伝えても違和感なく受け入れてもらいやすくなります。

電話の内容は些細なことで構いません。例えば宿題の解き方を聞いてみる、仕事の引継ぎをあえて電話でするなど、とにかく電話で接点を持つことを意識してみましょう。

相手と電話のタイミングが合わなかったらどうする?

何回電話をしようと誘っても相手が応じてくれないこともあるかもしれません。その場合は、電話ができない理由がどこかにあるはずです。その理由として考えられることを挙げてみます。

・電話は時間が縛られて身動きが取れないから

・親の目が気になって電話をしにくい状態にある

・忙しくて電話どころではないから

このようにあなたと電話したくても電話のメリットが感じられなく断ることもあります。電話で身動きが取れないのは確かですよね。ずっとスマホを耳に当てていなければいけないのですから、縛られると感じるのに無理はありません。

この場合は過去に電話で長時間身動きが取れなくて、自分の時間が制限されてしまったことが原因です。つまりあなたが電話したときに手短に済ませることであなたとの電話のハードルを低くすることができます。長くても10分くらいで済ませる話から始めてみるのがおすすめ!

親の目が気になるのは学生に多い悩み。この場合は親に何か言われることを気にしているので、無理矢理電話してはNG!LINEでメッセージのやり取りをして、「タイミングがいいときに電話でもしたいね」くらいに留めておくと、相手から好印象ですよ。

忙しくて電話どころではない場合、相手が落ち着くタイミングまでしっかり待ちましょう。ここで押せばどうにかなると思って頑張ってしまうと、相手の負担になって「理解がない人」と思われる原因を作ってしまいます。相手が落ち着いたタイミングを聞いて電話するようにしてOKです。

面と向かって言えないことを伝えてみる

面と向かっては言えないけれど、電話なら言えることってありませんか?素直な気持ちや特に恋愛感情を伝えるのに、恥ずかしさを感じてしまう人がほとんど。そこで電話の告白を成功させるために、面と向かって言えないことを伝えてみるようにしましょう。そうすることで普段見せないあなたの言葉にキュンとしちゃうかもしれません。

俗にいうギャップというやつですね。このギャップを使って相手を落とす作戦も電話だからこそできることでもあります。もし普段見せていない姿を見せられる人は、電話での告白はチャンスかもしれませんよ。

電話に持っていく過程で電話で告白された時の返事が決まる!

電話で告白されたらどんな風に相手は思うのかな…と気になるところですよね。確かに電話ではなく面と向かって言えればいいですが、そうもいかないこともあります。告白のタイミングが電話をしているときだったということもあります。電話で告白されることをよく思う人かどうか、成功させるためにどの方法がいいか、ここでお伝えした方法からお役に立てるものがあるはず!ぜひ使ってみてくださいね。

-恋愛

Copyright© 出会い系の神様 , 2021 All Rights Reserved.