恋愛

結婚するということの意味って?みんなが結婚するその理由

大きくなったら結婚して、子供を持って・・・私たちは、結婚をこんな風に小さな頃から「当たり前のこと」として受け入れます。
しかし結婚の意味について、深く考えたことがある方はいますか?
あまりにも自然なことなので、掘り下げて考えるチャンスってあまりないですよね?
そこで今回は、みんなでいっしょに「結婚するということの意味」について考えていきたいと思います!

結婚することの意味がわからない・・・という方、これから結婚予定の方は特に必読ですよ!

結婚とは?結婚のメリットとデメリットについて考えてみる

ここではまず、結婚の定義と、結婚することのメリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

結婚の定義

結婚(けっこん、英: marriage)とは、夫婦になること[1][2]。類似概念に婚姻(こんいん)があり、社会的に承認された夫と妻の結合[3]をいう(引用:ウィキペディア

そう、ご存じの通り結婚というのは元他人が夫婦となり、家族になることです。
出会わなければ、タイミングが合わなければ、生涯赤の他人であったはずの相手と家族になる、よく考えるとすごいことですよね。

そして多くの人は結婚後に子供を持ち「子の親」という立場をわかちあうのです。
その子供には両者のDNAがミックスされている、そうやって私たち人類は今に至るんですね。

そんな結婚ですが、いったいどんなメリットそしてデメリットがあるのでしょうか?

結婚のメリット

  • 経済的に安定する
  • 安心して子供を持つことができる
  • 愛する人を独占できる
  • 社会的信用を得ることができる

経済的に安定する

人間は生きていくだけでお金がかかります。例えば一人暮らしの場合、お互いに家賃を払い続ていたカップルが結婚して一緒に暮らせば一人分の家賃が必要なくなります。
さらに、光熱費、水道代なども1人あたり支払う金額が少なくなります。
世帯収入が安定するので経済的に余裕ができるというのはやはり結婚の大きなメリットではないでしょうか。

安心して子供を持つことができる

結婚しなくても子供を持つことはできますが、日本はまだまだ他の先進国ほどはシングルマザー・ファザーへの補助が整っていません。
また「片親」という表現もあるほど、偏見の目も依然あるというのが現状です。
しかし、結婚していれば安心して子供を産み、育てることができます
これは特に女性にとっては大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

愛する人を独占できる

結婚して1つ屋根の下に住むことで、愛する人と一緒に過ごす時間が長くなる、一見当たり前のようですがこれも大きなメリットです。
また、結婚後に浮気をすると「不貞行為」に当たります。そのため浮気症の人でも結婚を機に落ち着くことがほとんどです。
浮気はしなくても「モテる恋人」を持つ人にとって、やはり結婚というのは愛する人を独占できる最高の手段、ではないでしょうか。
そして、その人と同じ苗字を名乗れるというのもメリットの1つですよね。

社会的信用を得ることができる

現代の日本は様々な生き方が認めらるようになってきています。
とは言え、企業の中には相変わらず結婚の有無が出世に影響を及ぼすところも。
外資系企業の場合、パーティーなどは基本的に夫婦で出席しますので、ある程度の年齢になっても独身だと、信用問題に関わることもあります。
このように、結婚には社会的信用を得ることができるというメリットもあるのです。

どうでしょう?結婚には実に様々なメリットがあるんですね!

結婚のデメリット

コインに裏表があるように、結婚にも裏と表、つまりメリット、デメリットがあります。
結婚のデメリットにはいったいどんなものがあるのでしょうか?

  • 自由が制限される
  • 親戚づきあいが発生する
  • 簡単には別れられない

自由が制限される

結婚をすると色んな意味で自由が制限されます。人間関係、時間、お金・・・独身時代と同じようにはいきません。
これまで自分のお給料はすべて自分の為に使っていたという男性が結婚後お小遣い制になり不満、という話はよく聞きますよね。
独身時代のように気軽に夜遊びしたり、旅行に行ったりというのも難しくなる事が多いですし「既婚者」ということで、異性と今まで通り仲良くできなくなったり、いろんな「自由」が制限されます。

親戚づきあいが発生する

結婚というのは、当人同士の問題だけでなく家と家の繋がりができることを意味します。
単純に言うと、親戚が増えるのです。
親戚づきあいをまったくしないというのは非常に稀なケースですので、お盆やお正月など自分の実家にだけ帰る、というわけにもいかなくなります。
配偶者サイドの冠婚葬祭にも参加しなければいけませんから、人付き合いが苦手な方にとってはデメリットと言えるかもしれませんね。

簡単には別れられない

恋愛関係であれば、気持ちが離れたり、倦怠期になったり、新しく好きな人が出来れば簡単に関係を清算できます。
しかし結婚してしまうと、様々なしがらみがあり、簡単には別れられません。
夫婦関係が破綻していても「仮面夫婦」として結婚生活を継続している人は決して少なくないですよね。
子供がいればますます離婚は簡単なことではありませんから、これは結婚のデメリットの1つになり得ますね。

どうですか?

既婚者の中には「結婚はメリットしかない」と断言する人も多いのですが、なるほど・・・こんな風に箇条書きにすると、結婚はメリット>デメリットな気がしてきませんか?

筆者も既婚者ですが、個人的には結婚はメリットの方が圧倒的に多いと思います。

さて、ここまで読まれた方の中には「結婚したい!」と思われた方も少なくないはず。
しかし、相手がいないことにはできないのが結婚です。

学生時代はともかく、社会人になれば生活パターンが固定されてしまい、なかなか新しい出会いってないんですよね。

婚活パーティーや合コンに参加する時間がない、シャイな性格で初対面の人が相手だとどうしても自分を出せない、そんな方でもネット婚活であれば、すき間時間で理想に近い相手と出会うことができますよ!

結婚したいけど出会いがない!そんな人はPairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)は国内最大規模を誇るマッチングアプリです。
そして、利用者のほとんどは「真面目な出会いを探す20~30代の男女」なのです!
Pairsではこれまで何万人もの人が素敵な出会いをしています。中には結婚に至るカップルも多いんですよ。
Pairsの特徴はこちらです↓

・プロフィール写真が多く、見た目が好みの相手を効率よく選べる
・移住地、趣味、喫煙、飲酒など、詳細プロフィールからより細かい条件で相手を選べる
・登録は男女ともに無料
・FBと連動しているので簡単ログイン(FB上に反映されることはありません)
・SNS感覚で使える
・男女の比率バランスが取れている

マッチングアプリを使っての婚活は現代のスンダードな方法になっています。「ネットで生まれた恋は長続きしやすい」とも言われていますし、結婚がしたい!という方はぜひPairsで素敵な出会いをしてみませんか?

 

結婚することの意味とは?みんなの意見を聞いてみた!

結婚のメリット・デメリットについてはわかっていただけたかと思うのですが、それでも「結婚することの意味がわからない」という人のために、ここでは筆者の周りの既婚者の声をご紹介していきたいと思います。

結婚するということは、配偶者を人生のパートナーとして苦楽を共にしていくことだと思います。人生のパートナーなので、私は恋愛感情よりも「同士」としてわかりあえる、価値観の合う人を配偶者に選びました。結婚して12年ですが私の選択は間違っていなかったと思います。夫婦で二人三脚で「家族」を運営しています。(Yさん女性40代)

 

結婚する意味?愛する人とずっと一緒にいれるからするんじゃないかな?私たちは国際結婚で、超遠距離恋愛期間が長かったんです。ビザや仕事の問題もあるから、3か月以上一緒に暮らすことはできない。そんな私たちにとって結婚は唯一一緒にいれる方法だったんです。今は、愛する人の隣に好きなだけいれる幸せを満喫中です。(S子さん女性30代)

結婚する意味・・・あまり考えたことがなかったですが、結婚式で定番の「健やかなる時も病める時も」ってのを聞いて涙腺にきました。ああ、結婚ってこれか!と(笑)奥さんの結婚願望が強くて押し切られて結婚したけど、してみて正解です。恋人とは違う「絆」をすごく感じますね。(Tさん30代男性)

 

結婚すると前では、彼との関係が大きく変わった気がします。6年も同棲していたので、何が変わるの?ってよく言われるのですが、同棲時代と今では全然違いますね。やっと家族になれた!という喜びでいっぱいです。(Kさん30代女性)

 

結婚をしたいと思ったことがなかった私。いわゆる好条件の男性に出会ってもその気持ちが変わることはありませんでした。そんな私が30間近で出会ったのが今の夫です。いわゆるイケメンでもなく、高収入でもない、いつもしかめっ面で近寄りがたい印象の彼と出会ったときは、まさか彼が夫になるなんて夢にも思いませんでした。

でも仲良くなるにしたがって、親子?兄弟?のような居心地の良さを感じるように。そしていつの間にか、彼と家庭を築きたいと思うようになったのです。彼も同じ気持ちだったようでほどなくプロポーズ。すべてが最初から決まっていたようにスラスラと進みました。結婚3年目ですが、居心地の良さを更新中です。(Rさん20代女性)

みなさんすごく幸せそうですよね。
こんな体験談を読むと「結婚っていいな」と思いませんか?

結婚することに意味が見いだせない、そんなあなたへ

ここまで読まれた方の中には「やはり結婚することの意味が見いだせない」という方もいらっしゃるかもしれません。
「結婚は墓場」「年貢の納め時」なんて言い方もする人もいますもんね。
結婚は決して義務ではないので、無理して結婚する必要はありません。

・結婚適齢期だから
・みんなが結婚するから
・周囲に対する結婚のプレッシャー
・条件の良い人と出会ったから
・若いうちに結婚しておきたい
・恋人に結婚を迫られたから

・・・こんな風に自分が100%納得していない状態で結婚をすると「結婚後後悔症候群」になってしまう可能性があるからです!
結婚後後悔症候群については、本サイトの別記事「結婚後後悔症候群」が増えてるってホント?解決方法はある?
の中でお話しさせていただいていますので、ぜひあわせてご覧になってくださいね!

結婚願望がまったくない方は、これまでたまたま結婚を意識させる相手に出会っていなかっただけ、という可能性も高いものです。
ちなみに筆者も結婚願望ゼロでしたが、夫に出会いごくごく自然に結婚に気持ちが向かい、結婚した時は周囲がびっくりしたほどです。

結婚したくない、結婚に意味が見いだせないという方も、自分をおかしいと思う必要はまったくない、ということは忘れないでくださいね!

結婚の意味が本当にわかるのは結婚したあとかも・・・

いかがでしたか?
今回は「結婚するということの意味って?みんなが結婚するその理由」というテーマでお送りさせていただきました。
結婚することの意味は人それぞれです。
しかし、本当の意味は結婚したあとにやっとわかるのかもしれませんね。
「結婚」は間違いなく人生に起こり得る大イベントの1つ。
時に人生が大きく左右されることもあります。
ですから焦らず、妥協せず「最高の結婚」をしたいものですね!

-恋愛

Copyright© 出会い系の神様 , 2021 All Rights Reserved.