恋愛

男が指輪をする意味とは?つけている場所でわかる意外なこと

最近は指輪をする男性が増えてきたと思いませんか?
ひと昔前までは、男性の指輪はマリッジリングのみというイメージがありましたが、今では色んな指に指輪をつける男性を見かけますよね。
そんな指輪ですが、つけている場所で意外なことがわかるんです!
今回は「男が指輪をする意味とは?つけている場所でわかる意外なこと」というテーマでお送りしたいと思います!

男が指輪をする意味3つ!

どうしても女性のアクセサリーというイメージが先行しがちな指輪ですが、冒頭部分でもお話した通り最近は指輪をつける男性が増えてきました。
でも、一体なぜ男性は指輪をするのでしょうか?
考えられる意味としては以下の3つがあげられます。

  • ステイタスの証明
  • ファッション
  • 願かけ

1.ステイタスの証明

左手の薬指に指輪をつけている男性を見たらあなたはどう思いますか?
デザインで一目でマリッジリングだということがわかれば、それはまさしくその男性が既婚であることを意味します。

ファッションリングである場合でも、やはり左手の薬指につけていると、既婚者もしくは彼女がいる男性、と判断するのではないでしょうか?

そう、指輪をすることはステイタス(属性)の証明でもあるのです。
よく左ではなく右の薬指につけている場合はどうなの?と悩む女性を見かけますが、やはり薬指というのは左右に関わらず、ステディな女性がいることを意味する場合がほとんどです。

指輪はつける指で意味が違ってくるのですが、それはまた後ほど詳しくお話しさせていただきます。

2.ファッション

お洒落な男性は、髪型や服だけでなくアクセサリーにもこだわるものです。
指輪はアクセサリーの中でも目立ちますし、自分の個性をアピールするためにファッションの一部としてつけている男性も多いのです。
薬指以外につけている男性をよく見てみてください。
お洒落な男性が多いことに気づくと思います。

ネックレスやブレスレットと同じブランドや系統で揃えたりしている場合は、ますますファッションとして指輪を楽しんでいる可能性が高いと言えるでしょう。

3.願かけ

「指輪」と「願かけ」
頭の中で結びつかない!という方も多いかもしれませんね。
指輪というのは、本来は薬指にのみつけるものだったそうです。

それが17~18世紀の間に、他の指にもつける習慣が生まれ、さらには指ごとの意味合が定められました。

男性の中には、自分の願いを込め、願かけとして指輪をつけている人もいるのです!
そして、指輪はつける指ごとに意味が違うということを知らない男性でも、深層心理によって、知らないうちに付ける場所を選んでいる可能性があるのです!

つまり...男性の指輪はつけている場所でわかる意外なこととはその人の心の奥底に隠されている「深層心理」なのです!

 

男の指輪には意味があった!深層心理の意味は?

指輪をする、選ぶという行為のみならず、私たちがとる行動には必ず深層心理が働いていると言われています。
自分の身体の一部に触れるとき、会話の最中の仕草など、自分がまったく意識せず取っている「何気ない」行動ですら、です。

そして先ほどもお話しましたが、指輪をはめる指にはそれぞれ意味があります。
つまり、指輪をしている指を見れば、その男性の深層心理がわかるのです!
右手、左手でも意味がかわってくるので、それぞれ見て詳しく見ていきましょう!

  • 右手
  • 左手

右手

それではまずは右手から見ていきましょう。

1.親指

親指は、最も太くて重要な指である指です。この指は古い時代から「指導者やリーダーとしての成功」を意味するとされています。
ですから、この右手の親指に指輪をつけている男性は

・ビジネスで成功したい
・リーダーとしての風格をまといたい
・自分の存在感をアピールしたい

という深層心理を持っていることが多いでしょう。
実際、会社を経営している男性などにはこの指に指輪をしている人が多いんですよ

2.人指し指

五指の中で、もっとも自由に動かせる指が人差し指です。
この人指し指は「集中力」を高める指と言われています。この指に指輪をつけると、集中力や行動力がアップすると考えられていあます。
人指し指に指輪をつけている男性には

•行動的になりたい
•夢を実現させたい
・目立ちたい
•もっと周りの人と上手くやりたい

という深層心理が秘められていると言われています。
男性の指輪は、薬指に続きこの人指指が多いですよね

3.中指

五指の中で最も長い指である中指は古くから「直感力」に長けた指と言われ、邪気をはらい、霊感や直感力を高めてくれるというスピリチュアルな意味があるとされている指です。

・思い描いた結果を出したい
・賭け事で勝ちたい
・金運をあげたい

こんな深層心理が隠れています。
中指にはめる指輪は存在感がある大ぶりなデザインのものも多いですよね。
中には、パワーストーンが配されているものもあります。
占いが好きだったり、信仰心が強い男性の中には先ほどもお話したように、願かけとして中指に指輪をする人も。

4.薬指

右手の薬指は古くから「心の平静」を意味するとされています。
女性も男性も、右手の薬指に指輪をしている人が多いですよね。
ファッションとして楽しむ人も多いですが、心のリラックス効果を意図せず期待した結果とも言えます。

・気持ちを落ち着かせたい
・感性を高めたい
・恋愛がしたい

そして「いつかは左の薬指にはめれますように」という気持ちが働いている可能性もあるのです。
中には、人に言えない恋をしていてその相手からのプレゼントを左ではなく右につける、ということも。

5.小指

五指の中で最も小さく細い小指ですが、意外にも小指には「自信」をいう意味があります。
そのため

・もっと自分に自信を持ちたい
・自分の存在をアピールしたい
・自分の好感度を上げたい

という深層心理が隠されています。

あなたは、「幸せは左手の小指から入り、右手の小指から抜けていく」というジンクスがあるのをご存じですか?
幸せを逃さないためのお守りとして、パワーストーンや、誕生石が配された指輪をする人も多いんですよ。

ちなみに、小指用の指輪は「ピンキーリング」という名前で親しまれています。

左手

 

次は左手の場合を見ていきましょう。
指が同じでも左右で意味が変わることがわかるはず!

1.親指

左手の親指は昔から「権力」や「権威」を意味すると考えられています。
右手と意味合は似ていますね。

・自分に自信を持ちたい
・信念を貫きたい
・周りに一目置かれたい

こんな深層心理が秘められています。
ただ、右手と異なり、左手の親指に指輪をつけている男性は頑固になりがち、と言われています。

2.人指し指

人差し指は「勇気」の指、と言われています。

・引っ込み思案な性格を直したい
・積極的になりたい
・モチベーションをあげたい

こんな深層心理の働きによって、左手の人差し指に指輪をする男性が多いと言われているんですよ。

3.中指

古くから、左手の中指は「協調性」を意味すると考えられてきました。
そのため、この指に指輪をする男性は

・人間関係を円滑にしたい
・協調性を高めたい
・友達が欲しい

という深層心理に導かれている人が多いのです。
また少しスピリチュアルな意味もあり、直感を高めてくれる指とも言われているため、クリエイティブな仕事をしている人が好んでつけることもあります。

4.薬指

左手の薬指は、マリッジリングやエンゲージリングをつける指...ということからもわかるように「愛」を意味します。

・既婚もしくは恋人がいることを示したい
・パートナーへの忠誠の誓い
・パートナーとの愛情を深めたい

こんな深層心理が隠されています。
男性も女性も、左手の薬指に指輪をつけている人はほぼ既婚者もしくは交際中です。
アプローチしたいと思っても、この指に指輪をしている男性は難しいかもしれませんね。

5.小指

左手の薬指には古くから幸せが入ってくる、と考えられていました。
そのため、願かけとして、誕生石やパワーストーン付の指輪をする人も多いですね。
深層心理としては

・片思いを成就させたい
・チャンスをものにしたい
・現状を変えたい

というように、今の自分を変えたい、という気持ちが秘められています。

どうですか?

同じ指輪でも、はめる手、そして指によって意味合い、そして深層心理がこんなにも違うんですね!

気になる男性がいるという女性の方は、彼がどこに指輪をしているかをチェックしてみましょう!
アプローチする際のヒントになるかも!

 

【男性向け】自分も指輪をつけてみたい!選び方のポイントは?

さて、男性の読者の方の中には、自分も指輪をつけてみたい!と思っていた方もいらしゃるのではないでしょうか?
そこでこの項では、男性の指輪選びのポイントをご紹介していきたいと思います。

  • つける指を決める
  • 素材は厳選する
  • シンプルなデザインのもの

1.つける指を決める

さて、指輪はつける指によって意味が異なることはすでにお話した通りです。ただ、かなりスピリチュアルな要素も強いですよね。スピリチュアルなことを信じない、あまり好きではないという男性もいると思いますが、その場合はそこまで気にする必要はありません。

ただ、指輪の有無で運気が変わったという話は珍しくありませんし、会社経営者などの男性にはスピリチュアルなことを信じる人が多いのも事実です。
ですから、少しでも興味があるのであれば、せかっくですから願かけの意味もかねてみてよいのではないでしょうか?
各指の意味は前項でお話した通りです。自分の願望に近いものをチョイスして、つける指を決めましょう。

「どの指につけるか?」これが指輪選びの最初のステップです。

2.素材は厳選する

指輪と一言で言っても使われる素材は様々です。
代表的なものは

・ゴールド
・シルバー
・プラチナ
・チタン
・ジルコニウム

などです。
そしてゴールドは、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなどに分類されます。
素材選びで大切なのは3つです。

・金属アレルギーの有無
・価格
・肌の色との相性

この3つを軸に選んでいきましょう。

せっかく購入しても、アレルギーの症状が出てしまうとつけることができませんので、不安な方はまずは皮膚科でアレルギーテストをするとよいでしょう。

そして初めての指輪はネットショップではなく、店頭がオススメです。店員さんのアドバイスで最適なものを選べますよ

3.シンプルなデザイン

最初の指輪は絶対にシンプルなものがオススメです。
ゴツゴツしたものや、インパクトのあるデザインのものは飽きがきやすく、さらに着る服を選びます。

男性の場合は、ちょっと太目で直線的なデザインのものがオススメです。
長く愛用することができますし、指輪を重ね付けするというオシャレを楽しむことができるようになるからです。
また、時計をしている手に指輪をしたい場合は、時計との相性も見ながら選ぶとさらにしっくりしたものが選べますよ!

と、指輪選びのポイントをご紹介しましたが、自分が一目で気に入るような指輪と出会えたら、躊躇することなく試してみましょう!

指輪はつける場所柄、視界に入ることも多いので妥協は禁物です!
つけているだけで気持ちが上がる、そんな一本を選んでくださいね!

男の指輪には意味があった!

いかがでしたか?
今回は「男が指輪をする意味とは?つけている場所でわかる意外なこと」というテーマでお送りさせていただきました。

男性が指輪をつける理由がわかっていただけたのではないでしょうか?
ファションでつけているという場合も実は深層心理に導かれ知らず知らずのうちにつける指をチョイスしている可能性も大きいんですね!

合コンや飲み会でも盛り上がるネタですので、「豆知識」として覚えておいて損はありません。
そしてあなた自身が指輪を選ぶ際の参考にしてくださいね。

女性の方は、男性の指輪の位置からその人の気持ちを汲み取ることができれば、アプローチに役立つのではないでしょうか?

-恋愛

Copyright© 出会い系の神様 , 2021 All Rights Reserved.